正社員採用

MESSAGE

身近な人を幸せにする。
関われてよかった。
そんな会社を作りたかった。

起業する際、私自身は飲食業の経験は全くなく、機械関係の仕事に従事していました。職場は職人の世界。「技術は先輩から盗め」という会社で、機械修理の技術を積極的に学びました。その結果、尊敬していた先輩に実力を認めていただき、「知識と技術は学べば自分のものになる」ことを実感しました。漠然とした夢も、目標と計画を持って仕事に取り組めば、やがて現実味を帯び、実現することがわかった瞬間です。
その後、「鳥貴族」のFC(フランチャイズ)をスタートし、会社が大きくなるに連れて膨らんできたのが、「自分を信用してくれるスタッフに恩返しがしたい。関われてよかったと思ってもらえる会社を作りたい」という思いです。それを表した経営理念が、『身近な人を幸せにする』。お店という空間を通じ、一人でも多くの「お客様」「従業員」「取引業者」「社会」が幸せになるために存在することこそ、私たちの使命だと考えています。

堀江 新一

トラオムの想い

トラオムの想い

夢は思い描くものではなく、実現するためのもの。
トラオムの仲間は夢を絶対にあきらめない集団です。

夢という言葉には「いつか叶える」というニュアンスがありますが、トラオムでは「夢は具体的な計画と戦略、手段があり、目標とした期日までに実現するもの」だと考えています。今は特に夢と呼べるものがない方も歓迎です。人にはそれぞれ大切な夢があり、その夢をどのように実現するか、そのためには何が必要か。それを一緒に考え、最初はぼんやりしていた夢を確実に現実のものにしていくのが、私たちトラオムの目指す姿です。

社名の由来

社名の由来

夢を持っていない人も、目標が持てる。
そんな思いを込めて「トラオム」と名付けました。

「トラオム株式会社」という社名は、夢という意味を持つドイツ語「Traum(トラオム)」から名付けました。なぜなら、トラオムという会社は夢を実現するための集団だからです。夢を持っていない人も何かに一生懸命取り組めば、それが自分に跳ね返り、「もっと出来るんじゃないか?もっとやろう」と思うことが出来る。そんな日々の積み重ねから夢を描くことができると信じています。夢を持っていない人が入社しても、目標が持て、それが夢になる。そんな会社を作りたいという思いを込めて名付けた名前が、「トラオム」です。社員一人ひとりが夢を持ち、共有し、語り合い、夢の実現のために助け合い、努力し合える集団でありたいと願っています。

トラオムの社風

トラオムの社風

中途も新卒も関係なく、
チャレンジできる風土。

中途入社のハンディがない、昇給が早い、頑張れば認めてもらえる、そうした風土がトラオムにはあります。「やりたい」と手を挙げた人には、挑戦できる環境も整っています。経験も年齢も性別も関係なく、やる気と実力があれば、その人に見合ったポジションを任されます。未経験から入社して、店長になったスタッフ、現場で経験を積み、本部での人材採用に携わるスタッフなど、一人ひとりがイキイキと活躍できるフィールドが広がっています。

トラオムの夢

トラオムの夢

グループで売上高400億円を目指して。
食の6次産業化にも挑戦しています。

FC加盟飲食店、飲食店業態開発、直営店の経営、水産事業など、幅広い事業を手がけるトラオムグループ。9ブランド94店舗を展開し、グループ会社5社の売上高は131.8億円に達しています(2017年12月)。今後は2030年度までに300店舗の出店、グループ売上高400億円を目指しています。
また、飲食業界での展開はもちろん、1次産業(農業・水産業)、2次産業(製造業・加工業)、3次産業(流通業・小売業)までを1社(グループ)で行う「6次産業化」にも挑戦しています。今後も「食を通じて身近な人を幸せにする」というグループ理念に基づき、無限の可能性に挑戦し続けるトラオムで、あなたの夢を実現してください。