アルバイト採用

内野 麻衣
内野 麻衣

串打ち・仕込み

Uchino  Mai

2014年入社

[ 鳥貴族 ]
阪急東通り3号店

教えてくれた人にはまだまだ届かない。
奥が深いからこそ、やりがいがあります。

PROFILE

2014年入社。自宅から近い「鳥貴族 十三店」で、午前10時から午後14時の時間帯で勤務をスタート。その後、「鳥貴族 阪急東通り3号店」にヘルプとして入りながら両店をかけもちし、2017年2月からは現在の店舗に完全に異動。プライベートでは高校1年生、中学2年生、小学5年生の3人の母。

インタビュー

INTERVIEW

仕事はどのように覚えていきましたか?

マニュアルを見ながら、先輩も丁寧に教えてくれました。

最初に研修期間が1か月ほどあり、そこで先輩から串の打ち方を教わりました。何度同じことを聞いても丁寧に教えてもらえたので、安心して仕事ができたことを覚えています。慣れない頃に難しいと感じたのは、串によってできあがりのグラムが違うこと、賞味期限を覚えることです。マニュアルにすべて書いてあるので、最初の頃は何度もマニュアルを見て確認していました。入社前は、立ちっぱなしの仕事なので腰が痛くなるかなと心配しましたが、実際に働いてみると意外に平気です。集中して仕事をしているせいか、時間が過ぎるのが早く感じられます。

仕事をしていて、やりがいに感じられることは?

やりがいはタイム。少しずつ早くなっています。

職場でみんなと話しているときが一番楽しいと思える瞬間ですが、やりがいは作業時間の短縮です。入ってすぐの頃は、ベテランの方の3倍くらい時間がかかっていました。ベテランの方はお肉を切るところから早くて、先輩と同じくらいのスピードになるには何年もかかった気がします。1時間に3キロ終わらせるという目安はありますが、ベテランの方はスピードも早ければ見た目もきれいで、まだまだ教えてもらった人には届きませんが、最初の頃と比べると、少しずつ早くなっていることを実感します。

スピードを上げるコツはありますか?

人のやり方を見て、取り入れることもあります。

スピードを上げるコツは、マニュアルをしっかり見ることです。できあがりの形から考えていかないと、鳥肉を刺すところで時間がかかるので、マニュアルを見ることと、ほかの人のやり方を見て取り入れることもありますが、せっかく身につけた串打ちの技術なので、今後も今の職場で活かし続けたいと思っています。スピードもそうですが、クオリティーを上げていくことも今後の課題です。

プライベートと両立できますか?

子どもの学校行事、PTA活動とも両立しています。

お休みはシフト制で希望も通りやすいので、プライベートとも十分両立できます。高校1年生、中学2年生、小学5年生の子どもがいるので、学校行事も多いのですが、ほとんど参加していて、PTAの役員もしています。子どもたちも仕事のことはよく理解してくれていて、「今日も鳥貴族行くん?」と聞いてくれます。子どもたちが「焼鳥食べたい!」と言うと、家族で近所の鳥貴族に出かけます。大好きな焼鳥を食べて、お腹いっぱいになるので、家族全員鳥貴族のファンです。

SCHEDULE

スケジュール
10:00

出勤

お肉を冷蔵庫に片付けます。

10:05

お店の立ち上げ

ガスの元栓をひねったり、電気を付けたりと、開店に向けた準備をします。

10:10

仕込みの振り分け

その日に串打ちをするお肉45~60キロをみんなで振り分けます。

10:30

仕込み

1日に刺す本数を数えたことはありませんが、おそらく何百本。お肉にして一人15キロほどです。

15:00

休憩

仕事の合い間を見ながら、お茶を飲んで一服します。

16:00

退勤

ときどき残業もありますが、16時には終了します。

MESSAGE

私自身、料理はあまり得意なほうではありませんが、飛び込んでみるとできました。新しい方も難しく考えず、朝から夕方までの時間帯で働ける方がいるなら、ぜひ来てほしいです。私は最初、年下の女性のスタッフに教えてもらいましたが、本当にゼロから丁寧に教えていただいて、同じことを何回聞いても、「全然、大丈夫」と言っていただけました。飲食や調理の仕事が未経験の方も、きっとすぐに馴染めると思います。

新しい仲間へメッセージ

Uchino  Mai

内野 麻衣